Mini Key Log


Mini Key LogMini Key Log はコンピュータでの全てのユーザーの活動をわからないように監視・記録します。それによって、たとえばキーストロークやウェブサイト検索など、最も共通の活動やスクリーンショットを記録します。Mini Key Log は、コンピュータを速く簡単に監視するために特別に開発されました。PC Agent と Mini Key Log を比較し、どのソリューションが最適かを確認してください。

システム要求:
Windows 2000または高いで始まり, CPU x86/x64

スクリーンショット

Mini Key Log

ダウンロードして無料で試してみます

ダウンロードバージョン 6.18

ライセンスキーのご注文

今買う単一のライセンス 円 5720

ユーザーの監視

キーストローク

キーストローク

すべての打鍵、キーボード・ショートカット、ホット・キー、キー・ストロークはパスワード 入力フィールドで受け入れます。またはインプットメソッドエディタで入力した文字は東アシアの文字に変換されます。
マウスクリック<

マウスクリック

カーソルで示したウィジェット名及びテキスと共にマウスクリックを記録します。例えば、ユーザーがクリックするとボタンのキャプションが表示されるものです。

ユーザー ― ログイン/ログアウト

ユーザー ― ログイン/ログアウト

追加情報と共にユーザーのログイン及びログアウトを記録します。例えば、最終ログインの日、ログイン時間、これまでのログイン数、セッション、リモートサーバーなど。

クリップボード

クリップボード

ユーザーによってクリップボードにコピーされたテキスト及びファイル名を記録します。これはコンテキストメニュー「コピー」及び「貼り付け」の使用や、ショートカットSTRG+C及びSTRG+Vによるものです。

スクリーンショット

スクリーンショット

手前にあり、かつ間隔が自由に選択できるウィンドウのスクリーンショットを記録します。 スクリーンショットはそのほかに、記憶する大きさを小さくするために、大きさや数量を事前に定義した値で記録されます。

ファイル操作

ファイル操作

ユーザーが開いたり、消去、名前の変更、コピー又は移動したファイル名やフォルダ名を記録します。

デバイスの監視

電源ステータス

電源ステータス

ラップトップでのスタンバイモードや休止状態などの電源ステータス、場合によっては電源コンセントやバッテリー状態などの追加情報を記録します。

プリンター

プリンター

ローカルの印刷キューにEMF形式で送られた印刷ジョブを記録します。おその際、ちょうどプリンターに送られるように、完全なドキュメントが記録されます。

ダイヤルアップネットワーク接続

ダイヤルアップネットワーク接続

追加情報と共にダイヤルアップ接続を記録します。例えば、デバイス名、デバイスタイプ、電話番号、ユーザー、パスワード、呼出時間等の。

媒体の交換

媒体の交換

追加または離れた媒体を記録します。例えば、ドライブ文字、デバイス名、デバイスタイプ、シリアルナンバー、及びファイルシステムなどの追加情報と共に、CD 、DVD、SDカード、USBスティック、ネットワークド。

Web カメラ

Web カメラ

既定の間隔でウェブカメラからの画像を記録します。 動き検出と同様のサイズと品質のための調整可能な値は、レコードの大きさを減少させることができる。

GPS 位置

GPS 位置

NMEA 0183基準がサポートされたGPS受信者の既定の間隔でGPSの位置を記録します。

スキャナー

スキャナー

TWAIN/WIAインターフェースで画像入力デバイスから読みこまれた画像を記録します。 例えば、スキャナやWebカメラなどのデバイス。

マイク

マイク

接続したマイクを通してノイズを記録します。 ノイズ検出と品質調整可能な値は、レコードの大きさを減少させる。

インターネットの監視

訪問したウェブサイト

訪問したウェブサイト

ブラウザでユーザーが訪問されたウェブページのURLを記録します。 次のブラウザがサポートされています:

Internet Explorer のエンジンを使用しているブラウザ (など: Internet Explorer, Microsoft Edge); Mozilla のエンジンを使用しているブラウザ (など: Firefox, SeaMonkey); Blink のエンジンを使用しているブラウザ (など: Google Chrome, Opera); また、ブラウザを次のよう Maxthon, Avant。

そのほかの特性

プロセスリストに表示しない

Windowsタスクマネージャの監視プロセス又はほかのプロセスリストを隠します。

選択したユーザーモニタリング

監視からユーザーを除く又は特定のユーザーのみ監視します。

自動アンインストール

既定の日付で、又はその後に監視が開始されると間もなく監視がアンインストールされます。

記録を自動で削除

記録が自動で削除されます。そのため、わざわざ記録を手動で削除する必要はありません。

認証されない使用に対する保護

コントロールセンターは認証されない使用に対しパスワードを使って保護できます。このパスワードは、監視されるコンピューターのコントロールセンターを開始して記録を開いたり。 この機能は、使用に有効なライセンスキーのあるリンクだけにあるものです。

記録のフィルター

記録をフィルターできます。フィルタリングは非常に速く簡単です。一度クリックが必要です。更に、フィルタープロフィールが適用されます。それによって記録が開かれるのと同時にフィルターされます。