よくある質問


用意した質問に対する回答はこちらでお探しください。

監視機能をアンインストールするには、監視されるコンピュータのコントロールセンターを開き、アンインストールをクリックしてください。ただコントロールセンターを削除するだけでは十分ではないことにお気を付けください。監視を初めてか始めるか構成する場合、監視機能はコントロールセンターからインストールされます。監視機能はコントロールセンターからのみアンインストールできます。

カスタマーセンターからソフトウェアをダウンロードしてください。

コントロールセンターが報告されている場合は、コントロールセンターをUSBスティックなどのリムーバブルディスクにコピーします。 監視プロセスを設定したり、レコードを読み取ったりする場合にのみ、USBスティックを監視対象のコンピュータに接続します。 その間にウイルス対策ソフトウェアを停止します。

監視プロセスが報告された場合は、ウイルス対策ソフトウェアで監視プロセスへのファイルパスの例外を作成します。 監視プロセスへのファイルパスは、「情報」の設定のコントロールセンターで確認できます。

ライセンスキーは同時に複数のシステムではご使用いただけません。ライセンスキーをほかのシステムで使う場合、ライセンスキーを削除するか、ソフトウェアをアンインストールする必要があります。コンフィギュレーションからライセンスキーを削除するための情報については、注文ページを参照してください。

コントロールセンターがプロダクツページでダウンロードします:

製品ページで、ダウンロードしてコンピュータにコントロールセンターを保存します。 ダウンロードが完了すると、コントロールセンターはコンピュータのディレクトリに配置されます。 このディレクトリは通常、最新のブラウザのWindowsダウンロードディレクトリです。 ダウンロードしたすべてのファイルを表示するには、ブラウザを起動してキーボードのCTRLキーを押しながら、Jキーを押しながら同時に押します。

ライセンスの無いバージョンでは、ソフトウェアの利用に警告が発せられます。ライセンスキーの入力後、警告は自然に無効化されます。

ここでライセンスキーを購入できます:

ソフトウェアのロックを解除するためのライセンスキーは、カスタマーセンターで入手できます。 ここでソフトウェアをダウンロードすることもできます。

コントロールセンターは認証されない使用に対しパスワードを使って保護できます。このパスワードは、監視されるコンピューターのコントロールセンターを開始して記録を開いたり。 この機能は、使用に有効なライセンスキーのあるリンクだけにあるものです。このパスワードが分からない場合は、ソフトウェアのロックを解除するために使用したパスワードとしてライセンスキーを使用してください。

以前のバージョンのライセンスキーを購入した場合は、このソフトウェアをカスタマーセンターからダウンロードできます。 顧客センターでは、最新バージョンのライセンスキーをより安い価格で購入することもできます。

当社が提供するWindows用のソフトウェアは、Windows Terminal Server用に特別に開発されています。