ネットワークリリースでの記録を保存


転送に関するデータの大きさの許容値 又は許容時点 に到達し、ネットワークリリースがあるコンピュータがアクセス可能になると、間もなくネットワークリリースで記録が保存されます。ファイルには 、コントロールセンター又はPC Agent Viewerを使って開かれます。

地祇の設定は必須です:

1) ネットワーク共有
記録が保存されるべきネットワークリリースです。

2) 書き込みを許可されたユーザー
書き込みアクセスが宣言されたフォルダにある「コンピュータ\ユーザー」形式のユーザーです。

3) パスワード
宣言されたユーザーのパスワードです。

次の設定はオプションです:

WOLによる対象コンピュータの有効化
記録転送のために、スタンバイ又は休止状態からWake On LAN (WOL)ごとの対象コンピュータを再有効化します。対象コンピュータはWOLのために構成される必要があります。