記録送信の時間プラン


記録は許容される時間に送られます。これは、記録が許容サイズにまだ届かない場合でも構いません。コンピュータがスタンバイモード又は休止状態から再有効化され、そのため許容時点の記録が転送されます。